事故防止には安全靴を

作業中などの事故防止には安全靴を使用しましょう。


安全靴を着用して安全作業

工場などにおいては、いろいろな危険作業が目に見える形、目に見えない形で散在しています。
労働者にとっては自らの危険は自ら守るということ、また監督者にとっては労働者のフ安全状態を排除していくということ、が非常に重要となってきます。
職場において労働災害を発生させてしまうと、補償や対策も含めて多くの費用や時間を費やすこととなります。
普段から危険に対する感性を磨き、不安全な状態にならないような対策を施していく必要があります。
そのような対策として、各種の保護具を着用することが挙げられます。
たとえば重量物を取り扱う現場では、重量物から足を保護する安全靴を着用したり、有機溶剤などを取り扱う職場では、蒸気を吸引しないためのマスクや、目に溶剤が入らないための保護眼鏡の着用などがその対策として挙げられます。
これらの保護具の着用に加えて、自分たちの職場にはどのような危険が潜んでいて、それを避けるためにはどのような行動を心がけなければならないのか、という危険予知のトレーニングを日常的に行っていくことが職場の安全を守るために重要なポイントです。