事故防止には安全靴を

作業中などの事故防止には安全靴を使用しましょう。


安全靴は多種類あります

安全靴とは、鉄芯とプラスチック芯などが「つま先」に入った
靴です。

安全靴の用途は工場や市場・店舗などで重量物を扱う場所で
足元へ重量物が落下した場合でも足先への怪我が少なくなるために
保護する靴です。

種類は多数あり、通常は通常の革靴の外観をした安全靴を利用します。

工場の現場により、耐油に対応している足元に油があっても滑りにくい
タイプの靴もあります。
また、水産加工場や市場などの水のある場所では、防水タイプや、
長靴タイプの安全靴もあり利用用途に合わせて選択ができます。

また比較的に軽い物に対して扱う場合は最近は
プラスチック芯を利用したシューズがあり利用している人もあます。

この靴は安全性を重視するために、一度足元へ重量物を落下させた場合は
新しい靴へ買い替えが必要となります。

また、最近では黒い革靴の外観をした靴が多かったのですが、
スニーカータイプのようなデザインを重視した安全靴もあります。

これらの靴は、用途、デザイン、素材も多種多様あり値段も様々です。
またJISマークのある靴を指定する職場もありますので、
選択の際には考慮する必要があります。

通常、安全靴は職場で利用するので長時間履く事が多くなると思いますので
値段ではなく快適性や足型を重視した方が良いと思います。